不動産投資で経済的自由を!不動産投資を応援するサイト税理士法人ASC/株式会社エーエスシー(東京都港区〜全国対応)

お問い合わせ・ご相談はこちら

電話受付 | 9:00~18:00(土日・祝日は除く)

お問い合わせ

短期と長期、返済期間はどうするべきか?Blog

楽待コラムを更新しました。

短期と長期、返済期間はどうするべきか?について記載しています。

 

短期と長期、返済期間はどうするべきか?

 

キャッシュフローと現金があれば様々な方法により投資規模を拡大することができます。

一般的にこれらが乏しい投資初期の段階では、なるべく長期借入をするべきだと考えています。

短期借入を織り交ぜながら残債の減りを早くし、純資産を増やすというのは、充分なキャッシュフローと現金を確保した後で行っても問題ないと思います。

 

短期と長期、返済期間はどうするべきか?

楽待コラムの過去記事はこちらから

 

お問い合わせはこちらから